人気ブログランキング |

<   2014年 08月 ( 31 )   > この月の画像一覧

■ 古民家の花   14.8.31   (キツリフネ、タカサブロウ、イシミカワ)

早いもので今日で8月もおわり。すこし青空もあったが、夏バテしないよう休養日に。(田んぼ作業と案山子作りは欠席しました)

きのうの散策から、古民家で咲いていた花たちです。


キツリフネ   14.8.30   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO800 1/75,F4.5
e0070891_198557.jpg
        裏の池にはツリフネソウもあるはずだが、まずキツリフネが目に入りました。


タカサブロウ   〃   〃   1/42,F8
e0070891_19105852.jpg
        いつもなら園路際で目にするのだが、今年は古民家で見つけた。
        アメリカタカサブロウというのもあるそうだが、見分ける「そう果」がまだついていないので、
        どちらかは不明です。

イシミカワ   〃   〃   1/42,F8
e0070891_19125717.jpg

e0070891_19124616.jpg
        先日紹介した蕾が「結実」していた。花の名残りで、口がちょっと開いている。
by higirinikki | 2014-08-31 19:14 | 舞岡公園の草木 | Comments(0)

■ セセリチョウ   14.8.30   (コチャバネセセリ、イチモンジセセリ、キマダラセセリ)

ようやく太陽光も雲間からのぞくような日になった。昼から3時間も歩いた。5日ぶりとあって膝にきた。

野の花にとまるセセリチョウの姿が目立った。


コチャバネセセリ   14.8.30   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO800 1/90,F8
e0070891_21214630.jpg
        とまっているのは「ミソハギ」です。
e0070891_21224216.jpg
        戦闘機態勢をとっています。とまっているのは「キツネノマゴ」のようです。


イチモンジセセリ   〃   〃   1/30,F8
e0070891_21243078.jpg
        とまっているのは「ケイトウ」です。


キマダラセセリ   〃   〃   1/400,F4.5
e0070891_2126326.jpg
        とまっている葉は、わかりません。
by higirinikki | 2014-08-30 21:27 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)

■ チョウたち   14.8.29   (モンキアゲハ、ナミアゲハ、ヒメウラナミジャノメ)

梅雨に戻ったように前線が南岸にあって寒く雨が降っている。
今晩は、「悠々会」Ueさんの ハッピーリタイアメント祝いが、自由が丘であるので出かけてくる。

今年は、アゲハの姿を見る機会が少なく、画像もほとんどない。数少ない画像からです。


モンキアゲハ   14.8.21   FUJIFILM X-S1 24-624mm() ISO800 1/100,F8
e0070891_15344368.jpg
        こうして表翅を見せてとまると、名前の由来となる「黄色い紋」が隠れる。
        この画像だけを見て「モンキアゲハだ」と言えるようになりたいものだ。


ナミアゲハ   8.24   〃   ISO1600 1/400,F5.6
e0070891_1538820.jpg
        営農田んぼの上を飛びまわっては、ときどきこの黒い燃えカスに来ては、
        吸水(?) に来ていた。


ヒメウラナミジャノメ   〃   〃   ISO800 1/125,F9
e0070891_1539583.jpg
        今年は滅多に被写体にしなかったヒメウラナミジャノメです。
        時折り表翅を見せながら、ヒヨドリバナの薄紫色の花で吸蜜していた。
by higirinikki | 2014-08-29 17:41 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)

■ キツネノマゴと虫たち   14.8.28   (キタキチョウ、ルリモンハナバチ)

今日も10月上旬なみの気温、20℃を越える程度。家にばかりいて足がなまるのを防ぐため、夕時に速足歩きに出て一汗かいてきた。

草原にはキツネノマゴの赤紫色の小さな花が咲き始めている。こんなに小さいのに蜜や花粉を求めて虫たちが集まって来る。


キツネノマゴ   14.8.21   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO800 1/28,F8
e0070891_185739.jpg
        花が下から咲きあがっていき、花穂がどのどん上に伸びていく。
        これは、まだ咲き始めの段階で短い。


キタキチョウ   8.24   〃   1/350,F5.6
e0070891_1881735.jpg
        おとといの芋虫「トビイロスズメ」の幼虫がいた、ハギの花の下で一心に吸蜜をしていた。


ルリモンハナバチ   〃   〃  ISO1600 1/1400,F5.6
e0070891_1811462.jpg

e0070891_18122526.jpg
        ご覧のように、頭・胸・腹の紋様が綺麗なハナバチです。
        一瞬で次の花に飛んでいくので、動きをとめるのが難しい被写体です。
by higirinikki | 2014-08-28 18:13 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)

■ 白い花   14.8.27   (センニンソウ、ヒヨドリジョウゴ、オトコエシ)

猛暑の夏はおわったのだろうか。終日、気温が25℃より高くなることなく、身体は寒さを感じていて、体調管理がむずかしい。

おとといの散策で出会った白い花です。三脚を据えてじっくり撮影することがなくなったので、ブレあり・変な構図ばかり、「写真で勝負」とは言えなくなった昨今です。


センニンソウ   14.8.25   FUJIFILM X-S1 24-624mm() ISO400 1/340,F4.5
e0070891_18255562.jpg
        センニンソウを見ると「新潟の真ん中の孫娘」の誕生日はいつだったかな?と思う。29日だったかな?
        先日遊びに来てくれたけれど、夏休みを満喫したかな?


ヒヨドリジョウゴ   〃   〃   ISO800 1/400,F4.5
e0070891_1828485.jpg
        じっくり構図を考えないと、こういう写真になる。


オトコエシ   〃   〃   1/450,F4.5
e0070891_18305974.jpg
        焦点深度が浅すぎたようだ。
by higirinikki | 2014-08-27 18:32 | 舞岡公園の草木 | Comments(0)

■ 芋虫・毛虫   14.8.26   (クロコノマチョウ、モンシロドクガ、モモスズメ)

ようやく「猛暑の夏」はおわりだろうか。曇り空で、28℃には届かなかったようだ。休養日に。

最近の散策で出会った「芋虫・毛虫」です。また「虫ブログ」に戻ってしまいそうです。


クロコノマチョウ   14.8.21   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当)(trimming) ISO800 1/180,F8
e0070891_17464118.jpg
        古民家裏の池の中に生えたヨシの葉を食事中。
        葉を食い尽くすと、どうなるのかな?


モンシロドクガ   8.24   〃   1/70,F9
e0070891_17501168.jpg
        かっぱ池の畔の木の葉の上に群集していました。
        棘に触ると毒にあたりますよ。 派手な色合いは警告色なのでしょうか?


トビイロスズメ → モモスズメ   〃   〃   1/180,F8
e0070891_1753198.jpg
        水車小屋の前のハギヤマブキの葉をムシャムシャしていました。
e0070891_17533494.jpg
        茎を掴んでいる肢の形が綺麗ですね。

        「美味しそうな芋虫」と思いました。案の定、ハチに狩られたのか翌日には姿を消していました。
        あるいは、蛹になるため地面にもぐったのかもしれません、が。
        間違っていました 「幼虫越冬」だそうですから、やはり食べられてしまったというのが真相かも。。
        なにしろ、中国では養殖してまで人が食べているそうですから、鳥かハチか人に狩られてしまったのでしょう。



        ネスカフェ さんのご指導により、「モモスズメ」と訂正いたします。 (14.9.15訂正)
by higirinikki | 2014-08-26 17:56 | 舞岡公園の虫 | Comments(2)

■ 赤紫色の花   14.8.25   (ナンバンギセル、ミソハギ、コバノカモメヅル)

天気がはっきりしないが、気温は30℃を越えなかった。午後2時からの会議に出るために、早めに家を出た。風が弱く蒸し暑さはかわらないが、たしかに暑苦しさは感じなかった。

赤紫色の花の印象が残った。


ナンバンギセル   14.8.25   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO800 1/80,F4.5
e0070891_1874577.jpg
e0070891_1881784.jpg
        古民家・水屋裏のミョウガの群落の中で茎を伸ばしていた。
        たしかに煙管の雁首に似ています。


ミソハギ   〃   〃    1/350,F4.5
e0070891_18104850.jpg
        古民家・母屋の裏庭で満開になっている。
        黄色いキンミズヒキとの色の対比が綺麗だ。


コバノカモメヅル   〃   〃    1/380,F8
e0070891_1815549.jpg
        長久保のカラタチの垣に絡んで咲き始めていた。
        細い捻じれた花弁がおもしろいですね。
by higirinikki | 2014-08-25 18:15 | 舞岡公園の草木 | Comments(2)

■ キイロスズメバチ   14.8.24

暑い太平洋高気圧が本州から東へ離れたせいか、暑さは若干やわらいだようだ。とはいえ30℃近くまでは上がったようだが。

涼しめの午前中、3日ぶりの散策に出た。小谷戸の里の前、「三角山の小径にハチが飛んでいる」との知らせで事務所のKoさんが、「気をつけて!」と通行規制の三角帽子を置いていた。

「どれどれ」とばかり上をみあげると、なんとクモの巣に絡んだセミを見つけた黄色いハチが横取りを企んでいる。


黄色いハチが   14.8.24   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO800 1/125,F8
e0070891_17585290.jpg
        獲物はツクツクボウシかな?
        このハチは? 背中の紋様が見えないので同定は困難。


もう一頭が参戦
e0070891_181744.jpg
        どうやらキイロスズメバチのようですが、確定はできません。


キイロスズメバチでした
e0070891_183753.jpg
e0070891_1894340.jpg
        下の個体で、キイロスズメバチだと判定しました。


肉団子に
e0070891_1841540.jpg
        一頭がセミから離れて、肉団子に丸めています。
        もう一頭は頭の部分を食いちぎって、肢で抱えて重そうに上の方に飛んでいった。
by higirinikki | 2014-08-24 18:08 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)

■ きれいに撮れました?   14.8.23   (コスモス、フヨウ、トロロアオイ)

今日は千葉市内に用のある妻に同行して、早朝出発・午後早々帰宅のお出かけをしました。
千葉駅西口改札すぐの新ビルに、高校同級のO君が新しく開店したピザ店を訪ね、お昼をいただいてきました。

おとといの散策からの続きです。


コスモス   14.8.21   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO800 1/3000,F8
e0070891_1915485.jpg
        近隣の小学校の1年生が育てているコスモスが青空にむかって咲いています。


フヨウ   〃   〃   1/3000,F8
e0070891_191744.jpg
        芙蓉の花を大写ししてみました。


トロロアオイ   〃   〃   1/3000,F8
e0070891_19181935.jpg
        和紙づくりの材料に栽培されているトロロアオイ、大きな花が咲いています。
        好きな人は、この花を食べるそうですね。
by higirinikki | 2014-08-23 19:19 | 舞岡公園の草木 | Comments(2)

■ きれいに撮れました (2)   14.8.22   (ヒカゲノイノコヅチ、ヤマホトトギス、コバギボウシ)

まだまだ猛暑の日は続くようだ。

きのうの続きです。


ヒカゲノイノコヅチ   14.8.22   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO800 1/280,F4.5
e0070891_14111214.jpg
        日陰で咲いていたからではなくて、茎の色が赤くないので「ヒカゲノイノコヅチ」としましたが、自信はありません。
e0070891_14111562.jpg
        小さい花ですが、今が見頃に見えます。


ヤマホトトギス   〃   〃   1/80,F8
e0070891_1427856.jpg
        似ている「ヤマジノホトトギス」では花被片は水平に広がるのですが、
        「ヤマホトトギス」は、このように下方に大きく垂れ下がります。
e0070891_1430370.jpg
        花糸を見ると、水滴のようなものが付いています。 蜜が滲み出ているのでしょうか。


コバギボウシ   〃   〃   1/1200,F8
e0070891_1436057.jpg
        いくつもついている花のひとつをクローズアップしてみました。
by higirinikki | 2014-08-22 18:05 | 舞岡公園の草木 | Comments(0)