人気ブログランキング |

タグ:ヘクソカズラ ( 17 ) タグの人気記事

■ 夏の草花 (10)   09.7.22   (ヘクソカズラ、オニドコロ、古代ハス)

皆さんは今日の日食を見ることができましたか?
横浜では、明け方の大雨が上がって10時すぎには空全体が薄曇りでした。たまたま買い物に出ていた11時過ぎ、見上げた空の一角の雲が薄くなって一瞬・厚めの三日月のように欠けた太陽を肉眼で捉えることができました。
直接、太陽を見てはいけない、と言われていたので「?」と思いましたが、後遺症が出ませんように。

おとといの散策で見つけた草花です。


ヘクソカズラ   09.7.20   PENTAX K20D 100mm/macro ISO400 1/80,F8
e0070891_2012283.jpg


オニドコロ 雌株   〃   〃   1/50,F8
e0070891_2031010.jpg


古代ハス   〃   〃   1/125,F8
e0070891_2045650.jpg

by higirinikki | 2009-07-22 20:06 | 舞岡公園の草木 | Comments(2)

■ ツルに咲く花   08.7.21   (ヘクソカズラ、トキリマメ、アオツヅラフジ)

きょうは「海の日」という休日だそうです。3連休の最後の日で、高速道路は今頃は渋滞が始まっているのでしょうね。

ツルに咲く花です。


ヘクソカズラ   08.7.21   PENTAXistDs 100mm/macro ISO200 1/45,F8
e0070891_18335274.jpg
        「松原越休憩所」下の園路斜面で咲き始めていました。
        可哀想な名前、あまり綺麗とはいえない実、ですが、花は好きです。


トキリマメ   〃   〃(trimming)   1/30,F8
e0070891_18385743.jpg
        「駐車場」北側の道路斜面で新しい株を見つけました。タンキリマメかな?と期待しましたが、
        ご覧のように葉の太い部分が付け根側にあるので、トキリマメです。


アオツヅラフジ雌花   7.10   〃(trimming)   1/180,F8
e0070891_1845545.jpg
        「中の上屋休憩所」広場でいつもの花が咲き始めていました。
        この小さな花にアリが4匹も入り込んでいるのにはオドロキです。
        この花は秋には、アンモナイトのような実がつきます。
by higirinikki | 2008-07-21 18:49 | 舞岡公園の草木 | Comments(10)

■ つるに咲く花たち (2)   07.8.17

8日ぶりの散策に行ってきました。7時に家をでましたが、すでに感覚的には30℃を超えているように思えます。
昨夜、雨が降ったようで草木は露に湿っていました。いろいろ撮ったうちで、印象が強かった花は、やはり「つるに咲く花たち」でした。


クズ   07.8.17   PENTAXistDs 100mm/macro ISO200 1/500,F5.6
e0070891_18211852.jpg
        瓜久保に向う園路上に紫色の花びらがいっぱい散り敷いていました。
        上を見上げると、花をいっぱいつけたクズが垂れ下がっていました。
        奇を衒ったアングルで撮ってみましたが失敗写真ですね。


ツルマメ   〃   〃    1/60,F8
e0070891_18245429.jpg
        その瓜久保のカッパ池の浅瀬のアシに絡んで、今年初見のツルマメの花を見つけました。
        ダイズの原種とかいうツルマメ、花は可憐ですがその莢姿はどうも。


ヘクソカズラ   〃   〃    1/250,F8
e0070891_18335337.jpg
        北門手前の垣、篠竹に絡んでヘクソカズラの花が朝日に輝いて見えました。
by higirinikki | 2007-08-17 18:36 | 舞岡公園の草木 | Comments(6)

■ 雨に濡れた草花 (2)   07.7.18

今日は関東地方に北西のつめたい風(やませ)が吹き込んで、5月中旬の薄ら寒い曇り日。
雨に濡れた草花を探ってみました。


コケオトギリ   07.7.18   PENTAXistDs 100mm/macro ISO200 1/20,F8
e0070891_20443040.jpg
        先日紹介したコケオトギリに水玉がついていました。真上からの画像です。


タカトウダイ   〃     〃(trimming)  1/20,F8
e0070891_20485317.jpg
        強風雨で倒れかかった枝先で、花と果実とがついています。
         丸い実にトゲトゲがついているのですね。


ヘクソカズラ   〃     〃1/15,F13
e0070891_2053474.jpg
        どこかで必ず花が咲き始めたはず、と探していたヘクソカズラです。
        木道の脇、ノイバラの枝に絡んだつるに花が2つついていました。


蜘蛛の巣に水玉   〃     〃1/180,F4.5
e0070891_20563491.jpg
        北門脇のヒイラギの垣にかかった蜘蛛の巣に水玉がついて輝いていました。
by higirinikki | 2007-07-18 20:59 | 舞岡公園の草木 | Comments(10)

クズ、ガガイモ、ヘクソカズラ  06.9.12

舞岡公園の園路沿いの薮や垣にはツル性の植物が我が物顔にツルや葉をのばしている、と書きたいところだが、今年は園内の草刈りが行き届いているのか、目にあまる状態のところが少ないようです。
例年になく花を見つけにくい3種の花を撮りましたので、どんな果実が成るのかとあわせて一挙掲載といきましょう。

クズ

手の届く範囲のクズは刈り取られる運命にあるので、花は高い木に絡んだ先でしか咲いていません。ようやく営農田の斜面で花を見つけました。
e0070891_2146546.jpg
撮影データ 06.9.8 PENTAXistDs 100mm/macro ISO200 1/500,F5.6

e0070891_21475523.jpg枝豆のような実が空中に下がっていた。  (03.9.18撮影)



ガガイモ

例年だと見られる薮や垣にはなく、谷戸田の山側の草原に残っていて杭に絡んで花が咲いていました。
e0070891_21491616.jpg
同上 1/180,F5.6

e0070891_21522982.jpg日本神話では、「スクナヒコナの尊」が船として乗ってきた、という。  (06.2.13撮影)



ヘクソカズラ

意外にも北門脇の垣に絡んで盛大に花を咲かせていました。
e0070891_2153527.jpg
同上 1/125,F5.6

e0070891_21561640.jpg花にくらべて実はありふれた形です  (06.1.15撮影)


by higirinikki | 2006-09-12 22:09 | 舞岡公園の草木 | Comments(7)

アオツヅラフジ ヘクソカズラ  06.7.24

舞岡公園内では、いろいろのつる性植物が元気につるや葉をのばしています。
秋にブドウに似た実をつけるアオツヅラフジの花を初めて見ることができました。
e0070891_97751.jpg
撮影データ 06.7.20 PENTAXistDs 100mm/macro ISO400 1/90,F6.7

別名「カミエビ」つる性の草ではなく木本です。
雌雄別株だそうですが、この株は「中の上屋休憩所」の園路際にあって3年前に青い実をつけていることを確認していますから、この黄色い花は雌花です。
雨上がりの撮影でしたので、雫の重みでしょうか下を向いて閉じかかっています。

05.11.1撮影  まだ緑の葉が残っています。
e0070891_9112629.jpg

05.12.14撮影  沢山の実がついています。
e0070891_9123080.jpg
実は、この実の中には虫がトグロを巻いたような形をした核果が入っているそうですが、まだ見たことがありません。
また、茎や根は木防已(もくぼうい)といい、利尿・鎮痛・解熱などの薬用にする、ということです。


この日はまた、「ヘクソカズラ」の花も今年の初見を記録することができました。
    05.11.10  ヘクソカズラ
e0070891_9173342.jpg


今日の二種については、相互リンクしている、はもようさん の 「公園おさんぽ日記」 が参考になります。ご覧になることをお奨めします。
by higirinikki | 2006-07-24 21:48 | 舞岡公園の草木 | Comments(8)

 05.11.10  ヘクソカズラ

e0070891_18404970.jpg
 撮影データ 05.11.10 PENTAXistDs 100mm/macro 1/30,F8

ヘクソカズラ(屁糞蔓)とは、すごい名前をつけられたものです。茎や葉、花などをもむと悪臭がすることがその名の由来とか。この実はしもやけに効く、そうです。
舞岡公園内でも今頃は、黄褐色の実をつけた蔓が薮に絡んでいるのが見られる。

e0070891_18495944.jpg8~9月に咲く花は写真のように可愛い独特の形をしていて、花の中心部が赤いのがお灸(やいと)の跡に似ているので、ヤイトバナとも呼ばれるそうです。また別にも、サオトメバナという優しげな名前もあるという。見方、風習によって呼び名が変わるんですね。

by higirinikki | 2005-11-10 18:58 | 舞岡公園の草木 | Comments(3)