人気ブログランキング |

タグ:ホソエノアザミ ( 1 ) タグの人気記事

■ 秋の花たち   07.9.6

台風9号が今夜半やってきそうです。雨風への備えをしっかりとしましょう。
明日は、台風一過いっきに秋がくるのでしょうか。

舞岡公園の園路脇の斜面で、秋の花たちが咲き始めました。


アキカラマツ   07.9.4   PENTAXistDs 100mm/macro ISO200 1/60,F8
e0070891_18254342.jpg
        7月頃から咲いているのですが、名前からするとこれからが花本番のような気がします。
        花には花弁がなく、萼も開花後すぐに散り、雄しべと雌しべだけが残っています。
        黄色い大きな葯のついた雄しべがたくさん垂れ下がっているので、花序全体が黄色く見えます。
        (とはいえ、黄色く表現するのはむずかしい、です)


ホソエノアザミ   〃   〃   1/60,F8
e0070891_18354724.jpg
        「ねむのき休憩所」下の斜面で咲き始めました。
        名称不詳でしたがホソエノアザミ(細柄野薊)でよいでしょうか。
        葉の裂け方に特徴があります。裂片が真横に張り出しています。


ヒヨドリバナ   〃   〃   1/30,F8
e0070891_18423059.jpg
        ヒヨドリが鳴くころ花が咲くので、この名がついた?本当かな?
        上部の枝先に多数ついているく頭花は、よく見ると5個ほどの白色の両性の筒状花からなっていることがわかります。
        花冠の先は浅く5裂し、雌しべの花柱の先が分枝して長くのびて糸くずのように見えます。
        筒状花は白色ですが、まれに紫色を帯びることがあるようです。

        同じ「ねむのき休憩所」下の斜面で群生しています。
        蜜を豊富に出すようで、多くの昆虫が集まってきます。
        その虫を狙ってスズメバチが狩りにきます。
        毎年、「ハチに注意!」の掲示が出るほどのヒヨドリバナの名所です。
by higirinikki | 2007-09-06 18:47 | 舞岡公園の草木 | Comments(14)